東北のアヴィエスホーム「空気環境を考える家」 :: キュウエイコーポレーション

空気環境を考える家づくりを提供する
キュウエイコーポレーションは、岩手県、宮城県、山形県、
福島県で注文住宅を新築するハウスビルダーです。

Customers Voice
家族構成|夫、妻、長女、長男 チワワのココロちゃん
延床面積|34坪(4LDK)
こだわり設備
1階全フロアにもみの木+腰壁
もっと詳しく見る

毎日の食卓を大事に、大切にしたいから。「居酒屋」を我が家に作りました!

羨ましくなるほど仲の良いご夫妻は
「自宅で過ごす時間」をとても大事にされています。
ご主人は「居酒屋」にあるメニューは、ほとんど作れるという大のお料理好き。
そんなご主人が家造りで一番こだわったのは、
「おうちに居酒屋風の空間を作りたい」
ということでした。
友人の紹介でアヴィエスホームを訪れ、千葉店長の人柄ともみの木の良さに一目惚れ。
何と、モデルハウス見学から1週間後には契約されたそうです。
居酒屋風の空間が欲しいというご要望に対し、小上がりとカウンターキッチンの間取りを提案。
気になる調理の臭いやタバコの臭いを抑えるため、スピンオフともみの木を施工した
「暮らせる居酒屋風わが家」を完成させました。
くつろぎの空間作りのために、小上がりの壁面に明かり取り用の障子を配置するといったことや、暖かいイメージを出す為に塗壁の色をオレンジにしたこと、敷居にアクセントを設けるというのはご主人のアイデア。
建築中は毎日現場に訪れ、大工さんや職人さんを質問攻めにしたそうです。
「自分達で作った我が家という感覚が強い」とご主人。
自慢の「居酒屋風」我が家ができました。

イメージギャラリー

1.こだわりの「居酒屋風」小上がり

Photo

ここが、こだわりの「居酒屋風」小上がり。
調理しながらでも会話に参加できるので、毎日の夕食や友人を招いてのパーティーにも大活躍。
畳の緑とスピンオフのオレンジ、敷居のブラックが個性溢れる落ち着きの空間に仕上がっています。

2.居酒屋の次はカラオケ屋!

Photo

カラオケが大好きなご夫妻は、リビングにもみの木とスピンオフを施工。
音も吸着するスピンオフは防音性能が高いため、深夜のカラオケでも音が漏れにくいのがうれしいですと奥様。
居酒屋にカラオケ屋と遊び心満載のお家ですね。

3.神様を大切に

Photo

「神様を大事にする」習慣をお持ちのご夫妻。
立派な神棚を造られました。
いずれ、このお部屋に両親を迎えるご予定なのだとか。
日当たりが良く、日本人なら誰でも落ち着く空間です。

4.大人と子供のスペース

Photo

小上がりから続くリビング。
もみの木を床と腰壁に使っています。
親戚の集まりがあった時などは、小上がりが大人スペース、リビングが子供スペースと使い分けるそうです。

5.スリッパは置きません!

Photo

玄関ホール。
当社モデルハウスを真似て
「スリッパは置きません!」

6.陽射しで目覚める

Photo

ご夫婦の寝室。
奥様が大好きなピンク色の中でも優しい風合いの桜色をスピンオフからチョイス。
ベランダから差し込む陽射しで目覚める毎日。素敵ですね。

7.物干しスペース

Photo

奥様のご希望で二階ホールに物干しスペースを。
天候に左右されず、いつでも洗濯ができます。

8.踊り場にもひと工夫

Photo

階段の踊り場の窓は手が届くよう、通常よりは低めに設置。
お部屋に風を通したい時やお掃除の時も楽々です。

9.アヴィエスホーム限定

Photo

アヴィエスホーム限定
「ドイツ製セラミックを使用したラジエントヒーター」
短時間で火が通るので焼き魚はもちろん、煮物、揚げ物にもぴったりとご夫妻。

10.外観

Photo

1.こだわりの「居酒屋風」小上がり 2.居酒屋の次はカラオケ屋! 3.神様を大切に 4.大人と子供のスペース 5.スリッパは置きません! 6.陽射しで目覚める 7.物干しスペース 8.踊り場にもひと工夫 9.アヴィエスホーム限定 10.外観

担当者より一言
ご契約から着工まで17回の打ち合わせを重ねて頂き、ご主人のご家族やご友人に対する思いのこもった間取り、家造りが出来たと思っております。
「常に人が寄る様なそんな家!!」
実はご入居後、夕飯をご馳走にお邪魔させて頂いた時、ご主人が言っておられました。
ご主人のお父様が家に来られた時に「"宴会場"だな」と。
それからは、皆様が大勢遊びに来ると言っていました。
そんな家造りの担当にさせて頂いた事は、私の中でも自慢に出来ます。
いつお邪魔しても嫌な顔ひとつせず、笑顔で迎えてくれて、
「案内したいお客様がいたら、いつでも見せるから!」
と、営業マンとしては心強い限りです。
これからも"空気環境を考える家"を「丁寧に」をモットーに接客してまいります。
ありがとうございました。