東北のアヴィエスホーム「空気環境を考える家」 :: キュウエイコーポレーション

空気環境を考える家づくりを提供するキュウエイコーポレーションは、岩手県、宮城県、山形県、福島県で注文住宅を新築するハウスビルダーです。

Customers Voice
家族構成|ご主人、奥さま
延床面積|約36坪(3LDK)
こだわり設備
モミの木の床
モミの木の天井(一部)
スピンオフ
もっと詳しく見る

友達にも勧めたいモミの木の床 「触れるとほっとして優しい気持ちになれます」

ライフステージを考えて家を持つなら早い方がいいと、結婚翌年にマイホームを叶えたSさんご夫妻。

「土地と家は持った方がいい」という、ご主人のお父さまのアドバイスも後押しに。

初めて見学したモデルハウスがアヴィエスホーム。
営業担当の村上さんに「暖かいですよ」と声をかけられて中に入り、「説明が丁寧で人柄がいい。信頼できそう」と1社にしぼって検討し、2カ月後に契約しました。

週末は丸一日かけて設計担当とじっくり打ち合わせを行うなかで、奥さまのこだわりは、家事がしやすい動線、ランドリールーム、水廻りの設備で、ご主人は縁側と広縁などがある日本伝統の和室やトイレの丸窓などでした。
また、家具はウォールナットで統一するなど、カラーコーディネートも吟味して、モデルハウスのように素敵で落ち着くマイホームが完成しました。

なかでも一番のお気に入りはモミの木の床。

モミカフェにも参加したご主人は、友人が遊びに来るたびにモミの木の良さを力説し、奥さまに「もういいんじゃない」と言われるほど。
モミの木を生かしたいからと、床にはなるべく家具や物を置かないようにして過ごしています。

「モミの木の良さは言葉にできませんが、不思議と気持ちが優しくなること。家に帰ると落ち着きます」
とご主人が穏やかな笑顔で語ってくれました。

同じアーティストが好きで、趣味が合うSさん夫妻。
お住まいの希望も、和をベースに現代的なデザインを採り入れた「和モダン」で一致。外観、広縁、障子、丸窓など随所に伝統の和が光ります。

イメージギャラリー

モミの木の床

Photo

モミの木の香り、色、感触が気に入ったご夫妻は、ソファに座るのではなく、大きいビーズクッションに身体を預け、モミの木の感触を楽しみながらくつろぐ。

テレビボード、ニッチなど収納家具は造作で、ほとんど家具は置かない。
照明は埋め込みで開放感を演出。

モミの木が香る玄関

Photo

モミの木が香る玄関。

正面のデザインウォールはライトアップで印象が変化。

対面式キッチン

Photo

料理や食事をしながら夫婦の会話が弾む対面式キッチン。

奥さまが使いやすいシンク、作業カウンター、コンロの並びやコンセントの位置、収納スペースを吟味。

背面の高い位置に窓を設けるなど採光にも配慮した。

本棚とスイッチニッチ

Photo

キッチン近くに、見せて収納する本棚とスイッチニッチを造作。

モダンな和室

Photo

ダニやカビの発生を防ぐ和紙畳、吊り押入れ、雪見障子を採用したモダンな和室。

隣接する広縁には収納スペースを設けゆとりをプラス。

ローテーブルはモミの木の一枚板。

ランドリールーム

Photo

脱衣所とは別に設けたランドリールーム。

洗濯物にアイロンをかけて畳む作業場所としてカウンターを造作。

床と天井に調湿・消臭作用があるモミの木を採用。

洗面化粧台

Photo

シンクやカウンターなどパーツを選んで組み合わせたオシャレな洗面化粧台

「和」にこだわったトイレ

Photo

ゲストも使用する1階のトイレは円形窓や手洗い台、小石を敷くなど「和」にこだわった。

開放的な廊下

Photo

2階廊下は屋根の勾配を生かした斜め天井が開放的。

設計の提案で表しの梁を採用。

外観

Photo

縦と横の直線を組み合わせた和風モダンな外観。

黒とイエローベージュのツートンカラーは色の配分が絶妙。

モミの木の床 モミの木が香る玄関 対面式キッチン 本棚とスイッチニッチ モダンな和室 ランドリールーム 洗面化粧台 「和」にこだわったトイレ 開放的な廊下 外観

担当者より一言
初めてお会いしたのは2018年12月初旬。とても天気の良い日でした。

ご夫妻はお打合わせが始まってからも私が店の入口にお迎えにあがると、逆に毎回楽しい感じのお出迎えをしてくださったり、海外ドラマのお話で盛り上がったり等、終始笑い声の絶えない時間を共有させて頂きました。

また、他県からご主人様のご両親もお越し頂いて、お打合わせがまた一段と盛り上がったのを記憶しております。

建物の完成後には奥様のご家族も遠方からお越し頂き、両家のご両親とお会いできた事とご夫妻のご新居をお褒めになられていた事が「担当させて頂けて本当に良かった!」と心より思えた瞬間でした。

お住まいの前を通る度、ご主人様のお父様の和室へのこだわりを語る声と、それに合わせて聞こえてくる楽しい声が甦ります。

担当させて頂きまして本当にありがとうございました。
これからもどうぞ宜しくお願いいたします。