東北のアヴィエスホーム「空気環境を考える家」 :: キュウエイコーポレーション

空気環境を考える家づくりを提供するキュウエイコーポレーションは、岩手県、宮城県、山形県、福島県で注文住宅を新築するハウスビルダーです。

Customers Voice
家族構成|ご主人、奥様、ご長男、ご長女
延床面積|約29坪(4LDK)
こだわり設備
モミの木の床
スピンオフ壁
もっと詳しく見る

モミの木とスピンオフ壁に包まれた心地良い毎日。「いい家だなぁ」が続く幸せ

曲線を描く外構やナチュラルガーデンと調和した可愛らしいKさんのお住まい。
リビングのフルオープンサッシを開けると、レンガ造りの洋風テラスが広がります。
休日、子どもたちは芝生を駆け周り、ご主人は花に水をやり、奥さまはバーベキューの準備。
友達が家族連れで遊びにくる機会が増えました。

七年ほど前に暗礁にのりあげたKさんのマイホーム計画が長女の就学前に再燃。

「ある展示場で相談すると高額な価格を提示されて心が折れました。その直後に『大丈夫、お客様のご予算でご希望の家が建てられます』と太鼓判を押してくれたアヴィエスホームは、まるで救いの神でした」と振り返るご夫妻。

それから毎週末、打ち合わせを重ねて水廻り、家事室、家事動線、身体にやさしい素材、デザインなど隅々までこだわり、じっくりとプランを作り上げました。
「担当の方が、できる、できないをはっきり言って、私たちの理想に近づける提案をしてくれたおかげで、ひとつも後悔のない家ができました。家に帰って家族でご飯を食べる時が幸せですね」というご主人。奥さまは夕方、傍らのサイクリングロードを走って駆け抜けながら、灯りが漏れるわが家を見るたびに「いい家だなあ」と幸せを感じるそうです。


空気が清々しく、食後もニオイがこもらずさわやか。「いつまでもここにいたくなるのは、モミの木の床とスピンオフの壁のおかげ。
1階の居心地が良すぎて、2階はほとんど使っていません」とご夫妻。

イメージギャラリー

贅沢に採用

Photo

1階にモミの木の床とスピンオフの塗り壁を贅沢に採用。「アトピー体質の長女も、新居に越してから症状が出ていません。身体にやさしい家です」と奥さま。高断熱だから光熱費は以前の賃貸時代より抑えられています。

居心地がよくて

Photo

「居心地がよくて、ずっとここで過ごしています」とご主人。
リビングとつなげながら壁でゆるやかに空間を分けたことで、リビングとの程よい距離感と「籠もり感」が生まれて非常に落ち着くそうです。

自分で選ぶ

Photo

子どもたちの個室は壁紙、カーテンをそれぞれ自分で選択。
長男の部屋は白をベースに壁一面をチョークで落書きができるチョークボードを採用し遊べる部屋に

無垢の梁

Photo

リビングの高い天井には無垢の梁をめぐらせ、ダウンライトを10灯設置

書斎コーナー

Photo

2階主寝室の一角に設けた夫の書斎コーナーにはコンセントと机を設置

回遊できる動線

Photo

洗面室から浴室、リビング、家事室、キッチンへ回遊できる動線。スロップシンクはつけおき洗いやスニーカー洗いに

家事室

Photo

奥さま念願の家事室は食品庫と収納スペースを兼ねて効率的に。
カウンター前の小窓からはリビングの家族が見える。

オーダーメード

Photo

オーダーメードの洗面台。洗濯機の置き場とは壁を設け、R型のスリットで可愛く演出

イングリッシュガーデン

Photo

イングリッシュガーデンのイメージで庭のデザインや植栽をプロに依頼。花は白と紫を基調に

外構

Photo

屋根付きの玄関ポーチに上げ下げ窓、曲線を採り入れた可愛い外観は、ヘンゼルとグレーテルのお菓子の家をイメージしたそう

贅沢に採用 居心地がよくて 自分で選ぶ 無垢の梁 書斎コーナー 回遊できる動線 家事室 オーダーメード イングリッシュガーデン 外構

担当者より一言
K様とは、なとりりんくう展示場に再来場された時に、弊社のモデルハウスの前を通られて運命的な再会を果たしました。
そして、その日のうちに詳しい建築相談となったのを覚えております。最初の頃は建築計画全般がうまくいかず、K様にはご心配ばかりかけていたと思いますが、プランの打合せは充実させることが出来ました。

何度も何度もプランを書き直し、日程の調整をして打合せ時間を増やして頂き、ご希望の間取りにこぎつけることが出来ました。
いつ頃かは詳しく覚えておりませんが、ある日からすべての建築計画全般が好転に向かっていきました。
不動産の営業マンに恵まれて素晴らしい土地が手に入り、銀行さんにも恵まれ予算もまとまり、最後は、ご主人の粘り強さと奥様の提案力のおかげで、こんにちの素敵なお家が出来あがりました。
皆さんに感謝!感謝!感謝です。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。