東北のアヴィエスホーム「空気環境を考える家」 :: キュウエイコーポレーション

空気環境を考える家づくりを提供するキュウエイコーポレーションは、岩手県、宮城県、山形県、福島県で注文住宅を新築するハウスビルダーです。

Customers Voice
家族構成|ご主人、奥様、長男、次男、長女
延床面積|30坪(3LDK)
こだわり設備
モミの木の床、スピンオフ
もっと詳しく見る

モミの木との出会いが決めた家 納得するまで話し合いを重ね 満足の我が家に

「家は3回建てて満足するといいますが、我が家は1回目で大満足しました」と家づくりの感想を話してくれたご主人。
2年ほど前、会社の同僚たちが家を建て始めたので、展示場を訪れたのがモミの木の家との出会い。
その時はモデルハウスというものを見てみようという気軽な思いで本気で建てる気はなかったそうですが、モミの木の家では木の香りや裸足で歩く感触の良さが強く心に残ったそうです。
それからは家づくりを目指し、他の無垢材とモミの木を比較しながら、他のモデルハウスを回りましたが、
「やっぱりモミの木にはかなわない」と契約の運びに。
「実は最初の訪問で営業の方がモミの木やスピンオフのいいところだけでなく、デメリットもきちんと伝えてくれた。その姿勢に共感したのも大きかったんです」とご主人。
奥様も「匂いに敏感な次男がモミの木の家で、す~っと深呼吸したのを見て、やっぱりここだと確信が生まれました」とにっこり。
入居から約1年。
「今では私も外出から帰ると玄関で思わず深呼吸してしまうんです」
ご主人やお子さんたちは冬も裸足。
モミの木の家を五感で楽しんでくれているようです。

設計の打合せでは要望にダメ出しされたことも多かった(!?)と話すKさんご夫妻。
「プロとしての意見をきちんと伝え、良い家を一緒に作っていくというスタッフの思いが伝わってきました。納得のいくまで話し合ったことが大満足の我が家に繋がっているんですね」

イメージギャラリー

1.くつろぎの空間

Photo

リビングダイニングのスペースは畳敷の小上がりやボウウィンドウ(曲線を描いて張り出した窓)など個性的ながら、ゆとりあるくつろぎの空間に。

照明をほぼダウンライトにするなど部屋をすっきり見せる工夫をしています。

2.モミの木を表現

Photo

通りからも目を引くボウウィンドウのある外観。

屋根を緑に外壁をダークブラウンにしてモミの木を表現したそうです。

3.ジョブコーナー

Photo

リビングの一角にあるご主人のジョブコーナー。

モニター4台を置く2mのカウンターを取り付けました。

4.掘りごたつ

Photo

「掘りごたつが欲しい」というご希望を叶えた小上がり。

ダウンライトも和風にあつらえました。

畳下には引き出し式の収納スペースがたっぷり。

5.見渡せるキッチン

Photo

リビングを見渡せるキッチンでは、ご主人も料理の腕を振るうそう。

床下収納もあり、ごみ箱も壁面にすっきり収まっています。調味料の棚にあえて家族分のカップを並べるのがこだわり。

6.ファミリールーム

Photo

階段を上がった2階ホールには、雨の日に便利な室内干しのスペースや本棚を設置。

ファミリールームとして活用しています。

7.トレーニングルーム!?

Photo

ご主人も息子さんも趣味は格闘技やボクシングと肉体派。

寝室はトレーニング室に!?

8.自然光を効果的に

Photo

北側の子供部屋も自然光を効果的に取り入れる窓の配置で明るく。

9.外観

Photo

1.くつろぎの空間 2.モミの木を表現 3.ジョブコーナー 4.掘りごたつ 5.見渡せるキッチン 6.ファミリールーム 7.トレーニングルーム!? 8.自然光を効果的に 9.外観

担当者より一言
K様ご夫婦は、私の口うるさい話に耳を傾けていただき、多くの共感共鳴の頷き(うんうんうん)をしてくれたのを覚えております。
土地案内で角地だけども高低差があるのでどうしますか・・・?
決断力が必要な時に即断していただけるご主人と打合せの線引き(ご主人と奥様の互いの主張の棲み分け)の上手な奥様が一つ一つの問いに、真剣にお答え、打ち合わせさせていただきました。
そのためプランも仕様もトントンと進んで色々な提案や夢の実現が可能となり、オシャレな外観、こだわりのダイニング掘りごたつ、大きいカウンタースペース、書庫、家事コーナー、シューズインクロークなどなどK家の思いが詰まったお家の完成!(※勝手にそう思っています(笑))出来たことをうれしく思っております。
たまにお邪魔いたしますので、今後ともよろしくお願いいたしますね。