東北のアヴィエスホーム「空気環境を考える家」 :: キュウエイコーポレーション

空気環境を考える家づくりを提供する
キュウエイコーポレーションは、岩手県、宮城県、山形県、
福島県で注文住宅を新築するハウスビルダーです。

Customers Voice
家族構成|夫、妻、長男、長女
延床面積|約37坪(3LDK)
こだわり設備
もみの木の床
スピンオフ壁
もっと詳しく見る

お子さんも伸び伸び
大切な家族を守る
健康、安全、安心の我が家

Aさんご夫婦が自分たちの家づくりを考え始めたのは、お子さんの誕生がきっかけでした。

「周りに気兼ねすることなく、伸び伸びと遊ばせて子育てしたい」
そんな思いでした。

利府の住宅展示場を訪れた際、ヨーロッパ風の外観に惹かれてアヴィエスホームのモデルハウスへ。

「いろいろ家を見ても、これだ!といった決め手が見つからなかったのですが、モミの木の床は一目ぼれでした」とご主人。

家の中に入って、新建材などの匂いがしなかったことに気が付いたお二人に、担当スタッフがモミの木のことや家族の健康を一番に考えた家であることなどを説明。

ご主人は「その家づくりにかける熱い思いと人柄に惹かれました」といいます。

ご主人の言葉にうなずきながら、「設計の打ち合わせの時も私たちの細かな要望を丁寧に聞いて応えてくれましたね。子育て世代が多い土地を探してくれたのも良かったです」と奥様。

2010年12月に入居。

「住み心地や使い勝手に不満はないですね。何と言ってもいつも木の温もりを感じられるし、床に味わいがあると遊びに来た友人たちにも好評なんです」とうれしい言葉を頂きました。

家族が心からくつろげる、健康で安全な家を建てたかったとご主人様。

昨年の東日本大震災でもほとんど損傷がなく、東京から査定に来た保険の検査員の方に「ここまで丈夫な家はあまり見た事がない」と言われたそうです。

「地震に強い家」を再認識できたそうです。

イメージギャラリー

1.広々リビング

Photo

お子さんも伸び伸び遊べる広々としたリビング。

壁に3つ並んだガラスブロックはネットで取り寄せたお気に入り。

光に輝いておしゃれな雰囲気を演出します。入口のアーチはRの角度にもこだわりが。

2.将来を考えて

Photo

子供部屋はあえて梁を見せ、雰囲気のある大空間にしました。

将来は成長にあわせて2部屋に仕切ることもできる造りです。

3.壁を活用

Photo

耐震性を高めるために入れたリビングとダイニングの間の壁。

「広々とした空間を仕切るのは残念と思ったけど、結果的に便利でした」と奥様。

パソコンコーナーの裏側にはチェストを置いて活用しています。

4.味わい

Photo

入居から2年。

モミの木の床も少しずつ味わい深い色合いに。

5.こだわりのキッチン

Photo

奥様のご希望で木の温もりあふれるキッチンに。

吊戸棚も付けて収納たっぷり。

6.和室!?

Photo

畳の周りにぐるりと配したモミの木の床や光差し込むガラスブロックで、和室と呼びながらも「和」ではない雰囲気を演出。

7.セカンドリビング

Photo

リビングから続くウッドデッキ。

開放感あるセカンドリビングとして気候のいい季節にはランチやバーベキューを楽しんでいます。

8.ランドリールーム

Photo

天気を気にせず干せるランドリールーム。

約3.7畳の広さ。

9.アクセント

Photo

階段の段差に合わせて配した窓は、インテリアだけでなく外観のアクセントにもなっています。

10.外観

Photo

1.広々リビング 2.将来を考えて 3.壁を活用 4.味わい 5.こだわりのキッチン 6.和室!? 7.セカンドリビング 8.ランドリールーム 9.アクセント 10.外観

担当者より一言
Aさんとの出会いは、三年前の二月の寒い日だったと思います。

ご長男は当時六か月でした。

今では、しっかりしたお兄ちゃんになっていてビックリしています。

Aさんの家づくりのテーマは「子育ての為の家」でしたので、ご家族の健康、そして、使う素材の違いで住まいの環境が変わるということで、モミの床のお話をしたと思います。

その後、建築地を見つけるお手伝いをさせて頂いて、現在の場所を安住の地として決めて頂きました。

間取りは、開放感と使いやすい生活動線をテーマにご提案いたしましたが、こだわりのある外観のデザインにマッチングさせるところが少し難しかったです。

でも、Aさんから現在とても満足頂いているというお言葉を頂戴し、営業担当として逆に感動を頂きました。

ありがとうございます。

今後とも宜しくお願い致します。