東北のアヴィエスホーム「空気環境を考える家」 :: キュウエイコーポレーション

空気環境を考える家づくりを提供する
キュウエイコーポレーションは、岩手県、宮城県、山形県、
福島県で注文住宅を新築するハウスビルダーです。

Customers Voice
家族構成|夫、妻、長女、次女
延床面積|約35坪(4LDK)
こだわり設備
もみの木の床
スピンオフ壁
もっと詳しく見る

心地良さに笑顔集まる
出会いが生んだ
納得の我が家

Kさんご夫婦が名取りんくうタウンのモデルハウスを訪れたのは、昨年の梅雨の時季。

モミの木の床が裸足でもべた付かず、さらりとして心地よいことがとても印象に残ったそうです。

また家の中の空気が他と比べて匂わないことにも気が付き、直感で「いいな」と思ったとか。

でも家づくりは大きな買い物。

当然のごとく、もっと慎重にいろいろ見て回ろうと考えました。

「そうは言っても実は何を基準に選べばいいのか分からないことばかりだったんです」とお二人。

アヴィエスホームは「担当スタッフとの出会いが決め手でした」と振り返ります。

「いわゆるセールストークという感じではなく、例えば軸組と2×4など工法の違いや断熱材の種類、モミの木の床についてもメリット・デメリットの両方を踏まえて、きちんと説明してくれた。疑問や不安も遠慮なく話せたので、この人と一緒に家づくりをしたいと思ったんです。」

構造から間取り、内装、設備など自分たちの選択にひとつひとつ納得しながらの家づくり。

完成した我が家は「想像以上にいい家でした」と笑顔があふれていました。

今年の6月に入居。

お子さんのお友達やママ友など来客も多いそうですが、「みんなが『この床、気持ちいい』って喜んでくれるんです」と奥様。

いい空気にいい笑顔の人が集まる家になっているようです。

イメージギャラリー

1.落ち着いた雰囲気

Photo

ダークブラウンでカラーコーディネートし、落ち着いた雰囲気を演出したリビング。

「地震に強い家」にこだわり、リビングとダイニングの境に構造を強化するために入れた壁が空間の落ち着きを生んでいます。

2.こだわりの和室

Photo

丸窓が印象的なご主人こだわりの和室。おしゃれな居酒屋のようなしつらえで、友人たちを招いてお酒を飲むのも楽しみ。

畳周りのモミの木の床もダークブラウンで。

3.和

Photo

ご主人のお好みの和のテイストを取り入れた外観。

アプローチも御影石の飛び石で作りました。

4.玄関

Photo

玄関を入って正面の壁にはタイルを施しました。

外観のグレーとつなげて和の雰囲気に。

右手に入ると大きなシュークロークになっており家族分の靴がすっきりと収納できます。

5.リビング階段

Photo

廊下などの無駄なスペースを省くばかりでなく、家族が顔を合わせる機会も増えると子育て世代に人気のリビング階段。

お子さんたちも登ったり降りたりお気に入りの場所。

6.書斎

Photo

仕事をしながら大学院にも通うご主人の為、ウオークインクローゼットのスペースを使って作った書斎。

1畳ほどの広さですが、効率よい収納と小窓で快適に。

7.奥様の知恵

Photo

奥様のご希望で、壁に娘さんの学校からお知らせやちょっとしたメモなどをマグネットで貼れる大きなボードを作りました。

伝言など家屋のコミュニケーションにも

8.ファミリールーム

Photo

2Fの壁は奥様の好きなピンク色。

ホールを広めに取ってニッチを作り、ファミリールームに。

9.部屋干し

Photo

ファミリールームには天井に収納できるタイプの室内干しを設置。

10.外観

Photo

1.落ち着いた雰囲気 2.こだわりの和室 3.和 4.玄関 5.リビング階段 6.書斎 7.奥様の知恵 8.ファミリールーム 9.部屋干し 10.外観

担当者より一言
思い出すのは、初めて現地で待ち合わせをし、お話を聴いて頂いた時のことです。

ご主人の住宅建築に対する慎重さや考え方が私の中で絶対お客様に知って頂きたい『長所と短所を見極める家づくり』の主旨と一致しており、K様の期待には私なら応えられる(どや顔!)との思いが込み上げてまいりました。

一つ一つの心配事をその都度解消させて頂きながら、一歩一歩着実に打ち合わせを積み重ねてまいりました。

不安のない状態を作り出してあげたいという思いから。(本当ですよKさん!)

アシスタントの伊藤にも結構な難題を負わせ、徹底的にこだわって、K様ご夫婦にお付き合いしていただきました。

工務の佐藤も加わり現場が始まって、三人四脚で満足していただけるお家をお引渡出来たと自負しております。

『ど~や』

Kさん、顔を見たくなったら何時でも呼んで下さいね。