東北のアヴィエスホーム「空気環境を考える家」 :: キュウエイコーポレーション

空気環境を考える家づくりを提供する
キュウエイコーポレーションは、岩手県、宮城県、山形県、
福島県で注文住宅を新築するハウスビルダーです。

Customers Voice
家族構成|ご夫婦、長女、次女
延床面積|約34坪(3LDK)
こだわり設備
もみの木の床
スピンオフ壁
もっと詳しく見る

やさしい木の温もりと
清々しい空気に
包まれた家。

「次女が小学生になることもあって、そろそろ自分たちの家を建てたいと思ったんです」と住まいづくりのきっかけを話すSさんご夫婦。

とはいえ当時は具体的な計画はなく、「いつかは・・・・」という軽い気持ちで展示場巡りをしていたそうです。

「当時住んでいた新築のアパートが新建材の匂いや排水溝などの匂いが気になる部屋で娘も咳き込むことが多かったんです」と奥様。

そのためか、りんくうタウンのモデルハウスに来場したとき、モミの木の家の空気の良さが印象に残ったとか。

その後、「モミカフェ」に参加したことで、グッとモミの木への思いが高まりました。

「以前から無垢材が好きでしたが、モミの木の大ファンになりました」とご主人。

体験宿泊で、夕食の焼き肉の匂いが翌朝にはすっかり無くなったことで、モミの木&スピンオフの壁の消臭効果を実感。

いろいろなタイミングの良さもあって、契約の運びとなりました。

「和室やリビング階段などの希望を出しましたが、提案してもらったアイデアが気に入ってお任せすることも多かった」という住まいづくり。

ご主人は現場にもよく足を運んでワクワクしながら完成を待ちました。

2009年12月に入居。

家族みんな夏はさらりと心地よく、冬は暖かいモミの木の床に満足の様子です。

「一番良かったと思うのは、空気が清々しいこと」と奥様。

娘さんの咳もいつの間にかなくなっていたそうです。

イメージギャラリー

1.色合い

Photo

ダイニングでの寛ぎのひと時。素敵な食器棚は奥様のお母様から結婚祝いに頂いたもの。

2人ともナラの無垢材の色合いが気に入り、この色のトーンに合わせインテリアを選びました。

2.エントランス

Photo

屋根や外壁と色や雰囲気を合わせたエントランスウォール。

ガラス素材の表札がおしゃれなポイントに。

3.オープンキッチン

Photo

リビングダイニングと一体となったオープンキッチンは、娘さんたちとの会話も弾みます。

水回りの手元は立ち上がったカウンターで目隠し。

4.手作り

Photo

キッチンの棚はご主人の手作り。

タイル貼りには苦労したそうですが、「手間が掛かっても自分で作ると愛着がわきますね」とご主人。

5.ひと工夫

Photo

リビングから続き間になっている和室。

吊戸棚にして収納棚の下を空けることで部屋を広く見せる効果があります。

6.笑顔が集まる場所

Photo

展示場で見たときから、ずっと心に残っていたモミの木のテーブルを今年5月に購入。

手触りの心地よいテーブルは自然と集まったみんなが笑顔に。

リビングの天井は、一段高くして空間に変化を付けました。梁がインテリアのアクセントになっています。

7.経年変化

Photo

もうすぐ3年が経つモミの木の床。

トーンが少し落ち着いて雰囲気ある表情が出てきました。

8.玄関ホール

Photo

玄関ホールにニッチ(飾り棚)やステンドグラスなどが施され、おしゃれな雰囲気。

9.将来を考えて

Photo

2階の娘さん2人の部屋。

大きくなったら、それぞれの部屋を持てるよう真ん中で仕切れるようになっています。

10.外観

Photo

1.色合い 2.エントランス 3.オープンキッチン 4.手作り 5.ひと工夫 6.笑顔が集まる場所 7.経年変化 8.玄関ホール 9.将来を考えて 10.外観

担当者より一言
親子というよりは仲良しの友達家族のS様宅。

二年ほど前にお引渡させて頂きました。

少年のようなご主人ととても無邪気で可愛い奥様とで楽しくお打合せも出来ました。

「モミカフェ」も何度かご参加いただき、講師の内藤社長ともすっかり顔見知りのモミの木ファンの
S様です。

モミの木の経年変化もあって、引渡の時より良い色合いになっているはずです。

モミの木パワーで、明るく、楽しく、そして癒されながらの健康的な暮らしがず~っと続きますね。

S様宅のご近所に当社の社員も同じ時期に建築させて頂き、家の年齢が同い年です。

「S様のお家が出来るのを楽しみにしていました。可愛らしい外観に、こだわりのある内観に仕上がりましたね。今後とも宜しくお願いします。」と佐藤も申しておりました。

佐藤共々これからもどうぞ宜しくお願いします。