東北のアヴィエスホーム「空気環境を考える家」 :: キュウエイコーポレーション

空気環境を考える家づくりを提供する
キュウエイコーポレーションは、岩手県、宮城県、山形県、
福島県で注文住宅を新築するハウスビルダーです。

Customers Voice
家族構成|夫、妻、長女、長男
延床面積|約32坪(5LDK)
こだわり設備
1F・2Fもみの木の床
スピンオフ壁&太陽光発電
もっと詳しく見る

憧れの木の温もりあふれる家は
開放感があるのに
暖かいのが自慢

Mさんご夫婦が、住まい造りを考えたのは、上のお子さんが小学生になり、二人目のお子さんも生まれたので

「子供たちが走り回って遊べるような広々とした家に住みたい」
と思ったことがきっかけでした。

「家を建てるなら木に囲まれたログハウスのような家が憧れだった」
とご主人。

以前アヴィエスホームで家を建てた知り合いから、モミの木の良さを聞いていたこともあって、りんくうタウンのモデルハウスへ。

天然のムク材を使った家を希望していたご主人にとって、モミの木の家との出会いは「ひとめぼれみたいなものでしたね」と振り返ります。

奥様も、セミナーなどでモミの木の説明を聞くうちにすっかり「モミの木ファン」に。

冬の宿泊体験で木の温もりや暖かさを実感したことも決めてになりました。

「希望を取り入れながら、いろいろな提案をしてもらってスムーズに進んだ」という打ち合わせ。

白石城を目の前に眺める場所に完成した家は、仕切りをなくし、スペースを有効に使った間取りや自然光が降り注ぐ吹き抜けなど、明るく開放感のある空間が印象的。

木の温もりあふれる快適な我が家ができました。

そして、昨年7月に入居。

実際に住んでみて、モミの木とスピンオフの壁のおかげで「空気がいい」のを実感したとか。

冬も暖かく快適なキッチンでは、ご主人もお酒のつまみなど、ちょっとした料理をするようになり楽しみも増えました。

イメージギャラリー

1.モミの木のテーブル

Photo

吹き抜けからも光が降り注ぐ明るいリビング。

大きなモミの木のテーブルは、モデルハウスにあったものを奥様が気に入って下さり、同じものをオーダーしました。

2.シンボルツリー

Photo

奥様のご要望で、ご主人が植えたシンボルツリーのモミの木

家族と一緒の時を過ごしながら大きくなっていきます。

3.小窓のアクセント

Photo

壁一枚で空間を仕切ることで、キッチンから水回りへ、リビングのくつろぎの邪魔をしない家事導線を確保。

奥様のアイデアで3つ並べた小窓がおしゃれなアクセントになっています。

4.2Fホールの活用

Photo

ご主人のパソコンコーナーのある2Fホール。

天井に埋設型の物干しを設置して、室内干しもできるスペースに。

5.意匠性

Photo

最初の設計では壁の予定だった階段の上り口を手すりに変更。

意匠を凝らしてインテリアのポイントに。

6.お気に入り

Photo

キッチンのカウンターはご主人のお気に入り。

夜のお酒を飲みながら本や雑誌を読んで過ごします。

7.広々空間

Photo

広々と暮らすためにドアや引き戸などを極力なくした設計。

リビングと続きの和室にも仕切りはなく、床を一段高くしたことで空間に変化を付けました。

8.開放感

Photo

リビングの吹き抜けを見上げたところ。

吹き抜けは自然光をたくさん取り込み、開放感を演出。

9.結露もなく快適

Photo

モミの木の床は「掃除がしやすく、助かります」と奥様。

調湿作用で毎年悩まされた結露もなく快適です。

10.太陽光発電

Photo

東日本大震災以降、ますます注目の集まる太陽光発電。

「電気代が抑えられて本当にお得です」とご主人。

11.外観

Photo

1.モミの木のテーブル 2.シンボルツリー 3.小窓のアクセント 4.2Fホールの活用 5.意匠性 6.お気に入り 7.広々空間 8.開放感 9.結露もなく快適 10.太陽光発電 11.外観

担当者より一言
M様の住んでいたアパートが地震で被害に遭われ、会社の先輩のS様に相談されたところ、『友人が住宅メーカーに勤務しているので話だけでも聞いてみたら』と言うことで、S様同行にて展示場にご来店いただきました。

初日は奥様が二人目のお子様を出産されたばかりで、ご主人とS様のお二人で来店されました。

展示場をご覧になり、ご主人が健康についてとても興味を持って下さり、次の週に奥様と一緒にご来店されて、ご契約して頂きました。

子上がりにした和室、開放的な吹抜けのあるリビング、共働きのため2階には部屋干しが出来るスペースなど、こだわりを持った空間が完成しました。

紹介してくれた友人のS様の顔をつぶさないように、またM様ご家族の喜ぶ顔が見たくて精一杯仕事をさせて頂きました。

どうぞこれからも宜しくお願い致します。