東北のアヴィエスホーム「空気環境を考える家」 :: キュウエイコーポレーション

空気環境を考える家づくりを提供する
キュウエイコーポレーションは、岩手県、宮城県、山形県、
福島県で注文住宅を新築するハウスビルダーです。

Customers Voice
家族構成|夫、妻
延床面積|30.0坪(5LDK)
こだわり設備
もみの木の床
省エネ&健康塗り壁
もっと詳しく見る

もみの木が作る
良質な空気環境で愛猫との
心地よい暮らしを実現

Sさんご夫婦が家づくりのために利府展示場を訪れたのは昨年3月。

辺りが暗くなり始めた頃、一軒だけ明りの付いたモデルハウスがあったことで足を運んでみたのが、アヴィエスホームとの出会いでした。

「イングランドカントリーの雰囲気が好みにぴったりだった」というご主人は、無垢材や塗り壁など自然素材の家に住みたいと思っていたとか。

実はご主人はアレルギー体質。

展示場を回る間にも、新建材を使ったモデルハウスでは気分が悪くなってしまっていたそうですが、「もみの木の家では気の香りが心地よく、気持ちよく過ごせました。」とご主人。

お二人の希望は4匹の愛猫との暮らしを考えた設計であること。

トイレのスペースやキャットウォーク、外を眺められる出窓など楽しく工夫を凝らしました。

そうして完成した家では冬でも裸足で過ごせる暖かさはもちろん、お客さんに「4匹も猫がいるとは思えない」と言われる、もみの木とスピンオフの壁の消臭効果にも大満足。

猫ちゃんたちも思い思いの場所で気持ちよさそう。

何よりご主人の「猫アレルギー」が軽くなっているのが一番の喜びです。

以前は、東日本大震災で津波の被害のあった七ヶ浜に住んでいたSさんご夫婦。

「震災1週間後にスタッフの方から安否の電話があったんです。モデルハウスを1度訪れただけだった私たちを心配してくれたことがうれしくて」と奥様。

すぐに土地探しを始めて家づくりに取り掛かり、10月は奥様のお誕生日でもあり、2人の結婚記念日に入居の運びとなりました。

イメージギャラリー

1.木の温もり

Photo

もみの木の床と腰パネルで木の温もりが感じられるリビング。

スピンオフの壁もクロスと違って爪とぎなどの傷がつきにくく、ペットを飼っている家庭には特におすすめ。

2.愛猫のために

Photo

出窓から外を眺めるのが大好きな猫ちゃん達のために、各階に出窓を設けました。

3.キャットウォーク

Photo

吹上天井にしたことで、2m80cmの天井高を実現し、梁が印象的なインテリアになりました。

高い所が大好きな猫ちゃんのためにキャットウォークも設置。

4.愛猫専用部屋

Photo

多頭飼いの悩みはトイレ。リングの脇の階段下の1坪のスペースを使って4匹の愛猫専用のトイレ部屋を設けました。

廊下側には格子の引き戸を。リビング側には猫窓をつけて出入りをスムーズに。

5.リビング階段

Photo

リビング階段は吹き抜けにして窓を2か所に付けました。

自然光の明るさと暖かさをふんだんに取り入れる工夫を随所に。

猫ちゃんも満足!?

6.コレクション

Photo

階段を上った正面の壁には、小物などを飾るのにぴったりなニッチ棚を設置。

ご主人が集めたミニカーがずらりと並びます。

7.将来を考えて

Photo

2階の子供部屋は、将来を考え間に仕切りを入れて2部屋にできる設計。

8.小屋裏収納

Photo

子供部屋の上に小屋裏収納を設けました。

実はここも猫ちゃんのお気に入りスペース。

9.ラジエントヒーター

Photo

キッチンコンロはラジエントヒーター。

お湯を沸かすと遠赤外線効果で水がおいしくなります。

「コーヒーもおいしく入れられるし、湯冷ましにすると猫もゴクゴク飲んでくれます」と奥様。

10.外観

Photo

1.木の温もり 2.愛猫のために 3.キャットウォーク 4.愛猫専用部屋 5.リビング階段 6.コレクション 7.将来を考えて 8.小屋裏収納 9.ラジエントヒーター 10.外観

担当者より一言
Sさんご夫婦との出会いは震災の数日前でした。

そのあとすぐ震災が起こって、お住まいが七ヶ浜ということでしたので、安否が気になって何度もお電話して、やっと繋がった時には本当に安心しました。

アレルギーのあるご主人が、もみの木の家を決めて下さいました。

それから猫ちゃんと暮らす家の打ち合わせを重ねましたが、絶えず打ち合わせの内容はご自分たちのことではなく、「外を眺めるのが好きなので出窓にして下さい」など、猫ちゃん中心でした。

猫ちゃんのトイレの位置は、かなり苦労がありましたね。

『猫ちゃんと暮らす家』の家造りは完成後の猫ちゃん達ののんびり・ほのぼのした生活ぶりを見て、結果として成功したのかなと感じています。

これからもSさんのご家族がずっと幸せでありますように…。

プレゼントで頂いたペンは私の宝物にします。