東北のアヴィエスホーム「空気環境を考える家」 :: キュウエイコーポレーション

空気環境を考える家づくりを提供する
キュウエイコーポレーションは、岩手県、宮城県、山形県、
福島県で注文住宅を新築するハウスビルダーです。

Customers Voice
家族構成|夫、妻、長男
延床面積|39坪(3LDK)
こだわり設備
1階・2階とも全フロアもみの木
+省エネ&健康塗壁
もっと詳しく見る

子供が自由にのびのび
走り回れる家

「マイホームは心して選ぶもの」と初めての出会いで熱く語る小宮さんとの出会いから始まった我が家づくり

昨年の夏、ジャスコ利府店の買い物帰りにふらっと立ち寄られたのが利府展示場。

それまでは、家を購入する気は無かったそうですが、軽い気持ちでふらっと立ち寄ってみました。

他のハウスメーカーから順番に見学して、3軒目で見飽きたところにパッと目にとまったのは、洋風の外観がとてもかわいらしいアヴィエスホーム。

そこで小宮さんと出会いました。

住宅の全ての素材には、それぞれの理由があるということ、例えばキッチンにも右利き用と左利き用があるということや家相とはどういうものか等、親身に相談にのってくれました。

小宮さんは『他のハウスメーカーも見て来て下さい。』とおっしゃっていて、自社の商品に大きな自信をお持ちなのが伝わってきました。

とご主人。

奥様からも購入の決め手は、水道、間取り、子供部屋の位置などの提案を始め、自己資金から購入の目安など、購入者の立場になって親切丁寧にそして細かく提案いただいた小宮さんです。

とうれしいお言葉が。

イメージギャラリー

1.暖かみ溢れる空間

Photo

もみの木のフロアに木材の色調を生かしたインテリアが、暖かみ溢れる空間に仕上がっています。

くつろぐ家族の姿が目に浮かぶ、やさしい雰囲気です。

2.有効活用!

Photo

営業の小宮さんから提案を受けてつくった畳式小上がり。

45cm上げられた小上がりの下には、広い収納スペースが確保できる他、腰掛けるにも丁度良い高さ。

冬は、こたつを置いて家族団欒で過ごすそうです。

3.家族の姿が目に届く

Photo

小上がり、リビング、ダイニング

どこでも家族の姿が目に届くキッチン。

白のスッキリとした印象のキッチンは、広くて使い勝手が良さそうですね。

4.成長を見守る温もり

Photo

玄関入ってすぐ正面の壁には、オンリーワンのご家族の手形レリーフが。

引渡し2週間前に、10回ほど塗り直ししながら作成されました。

S君の成長を見守る、ご夫婦の温もりが感じられます。

5.ステンドグラス

Photo

蓄熱暖房機の上部にインテリアにもなる棚とステンドグラスを配置。

このステンドグラスは奥様が高校生の時から憧れていたイギリスのアンティークもの。

棚の裏面は廊下になっており、廊下からの照明がさまざまな光を演出してくれます。

6.将来も考えて

Photo

長男S君の子供部屋は、すっきりとした白い壁に窓が4面設置されており、抜群の採光。

将来、子供部屋を2つに区切れるように壁と2つのドアを用意。

今は、プラレールが思う存分遊べるS君お気に入りの空間です。

7.無垢材のドア

Photo

光の屈折が美しいチェッカーガラス。

奥様こだわりの扉は、温もりのある無垢の素材を生かしたドアとチェッカーガラスの組み合わせ。

無垢材は割れやすいので慎重に造ってもらったそう。

8.多目的ルーム1

Photo

もみの木を床にふんだんに使用した広々とした多目的ルームには、大きな格子調の窓が設置されていて洗濯物の出し入れがとても便利。

雨の日も気にせず、洗濯ができ重宝しています。と奥様。

9.多目的ルーム2

Photo

二階ホールに設けられた多目的ルームは、ご主人の趣味が沢山。

書斎としてカウンターでいつもパソコンをしているそう。

将来は、勉強をする子供と並んで座る、家族全員の共有の場としたいそうです。

10.奥様のアイデア

Photo

玄関のドアを開けると温かさを感じる暖色系の光が迎えてくれます。天井に映し出された花柄の影が、より一層にかわいらしさを演出。通気性を高めるためにクローゼット用の扉を玄関収納に採用。

奥様のアイデアなんだそう。

インテリアとしても素敵ですね。

11.外観

Photo

1.暖かみ溢れる空間 2.有効活用! 3.家族の姿が目に届く 4.成長を見守る温もり 5.ステンドグラス 6.将来も考えて 7.無垢材のドア 8.多目的ルーム1 9.多目的ルーム2 10.奥様のアイデア 11.外観

担当者より一言
K様ご家族とは去年の夏から建築のお話をさせていただきました。

K様の家造りのきっかけは、当時1歳の長男S君がアパートの二階の部屋で階下の住人の方に遠慮して自由に走り回ることが出来ないので、自由にのびのび走り回れるような家を造りたいという奥様の想いからでした。

そして、この奥様のご要望をコンセプトに家造りがスタートしました。

K様の家が完成してお引渡しの当日、器具の取扱い説明の最中、長男のS君がリビングからホール、ホールからリビングと元気に何周も走り回っていたのを見て、胸が熱くなりました。

また、衝撃を和らげる体にやさしい、もみの床でお家を作っていただいて本当に良かったとしみじみ思いました。

玄関ホールニッチのご家族三人の手形のレリーフと共に大切な私の思い出です。

今後ともどうぞ宜しくお願い致します。