東北のアヴィエスホーム「空気環境を考える家」 :: キュウエイコーポレーション

空気環境を考える家づくりを提供する
キュウエイコーポレーションは、岩手県、宮城県、山形県、
福島県で注文住宅を新築するハウスビルダーです。

塗るだけで省エネ 夏は涼しく冬暖かい住まい。新感覚。「塗る」遮熱材、スピンオフ 誰もが一年中快適な住まいで暮らしたいと願っていますが、夏の暑さや冬の寒さ、騒音や臭いなど、 私たちはさまざまな不満を抱えながら生活しています。スピンオフは独自の新技術により、 夏の暑さや冬の寒さに対応するだけでなく、騒音や臭いにも対応することができます。スピンオフは、夏でも冬でも、昼でも夜でも、 住まいの不満を解消し、快適な住環境を実現します。

スピンオフの優れた効能

寒さ対策→断熱・保温
室内空気温度がいくら高くなっても、壁・天井の温度が低ければ、熱は壁・天井から逃げます。スピンオフを施工すると、周辺の温度に適応し、熱の移動を最小限に抑えます。
暑さ対策→断熱・遮熱
スピンオフの球体セラミックによって、太陽光に含まれる赤外線を反射します。また、スピンオフ表面温度が周辺の温度に適応し、熱の移動を最小限に抑えます。
騒音対策→遮音・防音
スピンオフの塗膜面は、大量のセラミックで隙間なく覆われているため、効率よく音を反射するだけでなく、制振効果によって音を軽減します。
臭い対策→空気質改善
スピンオフは帯電性0.0の性質を持っており、汚濁物質が付着しにくく、さらにイオン化した水分が、浮遊している汚濁物質と結合し、汚濁物質を浮遊しにくくします。

外装に施工して放熱を抑える

熱は、高いところから低いところへ移動する性質を持っています。
スピンオフを外装に施工すると、外の空気温度とスピンオフを塗布した表面温度が適応することによって熱の均衡化が起き、その表面で熱の移動を最小限に抑えます。この働きにより、外部からの冷気の影響を遮り、室内の熱を外へ逃がしにくくします。

内装に施工して暖房効果を高める

室内空気温度がいくら高くなっても、壁・天井の温度が低ければ、熱は壁・天井から逃げます。 スピンオフを内装に施工すると、室内空気温度とスピンオフ表面温度が適応することにより、熱の移動を最小限に抑えます。

スピンオフを施工すると、体感温度は上がる

室内空気温度が30°Cで、壁・天井の表面温度が10°Cである左図の部屋の体感温度は20°Cとなります。
[(30°C+ 10°C)÷2 = 20°C]

スピンオフを施工した右図の部屋は、室内空気温度が同じ30°Cでも、 壁・天井の表面温度が室内空気温度に順応し、体感温度が30°Cとなり、その差は10°Cも高くなります。
[(30°C+ 30°C)÷2=30°C]

内装に施工して冷房効果を高める

室内空気温度がいくら低くなっても、壁・天井の温度が高ければ、熱は室内へ侵入します。
スピンオフを内装に施工すると、エアコンをつけたそのときから、エアコンの冷気温度とスピンオフ表面温度が適応することにより、熱の移動を最小限に抑えます。

スピンオフを施工すると、体感温度は下がる

室内空気温度が20°Cで、壁・天井の表面温度が40°Cである左図の部屋の体感温度は30°Cとなります。
[(20°C+ 40°C)÷2 = 30°C]

スピンオフを施エした右図の部屋は、 室内空気温度が同じ20°Cでも、壁・天井の表面温度が室内空気温度に順応し、体感温度が20°Cとなり、その差は10°Cも低くなります 。
[(20°C+ 20°C)÷2 = 20°C]

スピンオフの特殊セラミックで音を反射・制振

スピンオフの塗膜は、硬いセラミックの中に空気を含んだ球体の多層で構成されています。
音は、セラミックで反射し、空気で吸収を繰り返す構造になっています。
さらに、塗膜内で多層となったセラミックの効果により、塗膜内部に侵入してきた音も、その振動を軽減することで音を小さくします。

臭いや汚濁物質の浮遊・付着を抑える

一般的に空気中を浮遊しているホコリ、チリ、花粉などの汚濁物質は、プラスの電気を帯びることで浮遊しています。また、これらの汚濁物質は、室内の壁や天井に 静電付着します。
スピンオフは、帯電性0.0の性質を持っており、汚濁物質が付着しにくく、さらに、イオン化した水分が、浮遊している汚濁物質と結合し、浮遊しにくくします。